About Us
フロートタンク協会について

フロートタンク協会の目的

フロートタンク協会は、国内のフロートタンクの
普及と教育を目的として設立いたしました。

フロートタンクには
たくさんの課題・問題を解決する力・可能性があるだけではなく、
そこから新しいアイデアを生み、
新しい創発性を促進させるポテンシャルがあります。

フローティングについて

日本ではフロートタンクを設置している場所はまだまだ少ないですが、アメリカ・ヨーロッパではかなりメジャーになってきており、毎年数多くのフロートタンクスパが誕生しています。
例えばスウェーデンでは国の政策として全国120箇所以上に施設が設置されています。

フロートタンクの効能・効用について、アメリカ・ヨーロッパではあらゆる分野からのエビデンスが増えてきております。
それに伴いまして、フローターと言われるフロートタンクを愛好し、自身の課題や問題の解決に役立てている人が年々増えております。

著名人、アスリートでも愛用者は多く、そういったセレブレティは自宅にフロートタンクを保有して愛用しています。市民権を獲得してきています。それに対して、日本でのフロートタンクの認知度は圧倒的に低いのが現状です。

フロートタンクに纏わる情報も圧倒的に少なく、フローター自体も少ないので、なかなか拡がっていきません。一部のフローターがいる中でも偏った側面も少なからずあります。これだけ様々なものへの効用があり、パフォーマンスを高めることのできるものであるのに、もったいないなという思いがあります。

新時代の“ちょうどよい”
リラクゼーションスタイル

フロートタンク協会は、フロートタンクを単なるリラクゼーション方法の一つと考えておりません。デジタルテクノロジー時代における、デジタルをデトックスするデジタルデトックスとしてのツールとしての側面にも重要視しています。もちろん、新しいビジネス創出、ビジネスの機会を生み出すものであるということが第一義です。

私たちはこういった時代に生きています。
これだけの情報が溢れてきている現代、いつでもどことでもスマホ片手に誰かとつながることができる(つながりたいという欲求)環境において、その情報に対して無意識レベルでも疲れてきている人が多いのが現状です。またその数多くの情報の中から選択をしていかないといけないという、選択疲れも起こっています。

どちらの道をいこう・何を食べようなどから始まり、人は1日に多くの選択をする必要があり、そして同時に情報過多時代の中に生きているのです。そういった点からも私たちはGo Wildを必要としてきているのかもしれません。いかにテクノロジー、AIが力をつけてきても、それに負けない人間としてのコアの部分、そこをもう一度、真に取り戻す必要を感じています。

それに“ちょうどよい”ツールとしてフロートタンクがあると思います。

新しい自分に生まれ変わる

私たちが本当にフロートタンクを通して成し遂げたいのは、そのことです。小さく自分を変えて、そして小さくても社会に影響を与え直す(還元していく)という、新しいこの時代だからこそ、日々新しくなるweb/テクノロジーの時代に生きているからこそ、こういった感覚を遮断して、reborn(生まれ変わる)といいますか、リセットしていけたらいいなと思います。

多くの・大きなポテンシャルをもつ、
小さな社会変革のツールであればと願っています。
小さなところから、私たち一人一人から、
情報を一度洗い流した場所から、
もう一度小さな社会を作っていけたら素敵だと思っています。

当協会への、フロートタンクを活用した事業創出、
イベント活用、パフォーマンス向上(ビジネス・アスリート)、
また導入のお手伝いのお問い合わせは、こちらからお願いします。

お問い合わせはこちらから

Copyright © 2016 FLOAT TANK Association All Rights Reserved.